Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/acnetwork/segawajuuki.jp/public_html/wordpress/wp-includes/post-template.php on line 284
 In 住宅リフォーム施工例

仕事がら

お客様からいろいろな

お話を伺います。

 

娘さんからは、

高齢になった母親がワガママで困る

おばあちゃんからは、

子供が私を邪魔者扱いする

など

立場変われば

見方も変わります。

 

それを

貝原益軒(かいばら えきけん)

江戸時代の武士、福岡藩士、儒学者

 

貝原益軒養生訓では的確に表現している

(巻第八の5)

「 今の世は、

老いて子に養われる人に、

若い時より怒りが多くなり、

欲が深くなって、

子をせめ、人をとがめて、

晩節の節度を保つことができずに、

心を乱す人が多い 」

 

なるほど

ズバリです!!

 

しかし、同時に子の対応にも

言及している

 

「 子は、そういうものだと思って、

父母が怒らないように、日頃から気を使い

慎重になるべきだ。父母を怒らせることは

子として不孝である。」

 

そして、そこに兄弟、兄弟の嫁、お金が絡んだら

目も当てられない、収拾がつかず

殺傷沙汰か

裁判沙汰、まさに骨肉の争い

生きにくいのは江戸時代も平成も同じですね

 

歳を重ねて穏やかに過ごせる人

晩節を汚す人

の違いとは

この老いて乱れる人というのは

ひとつには、子に養われるというところに起因するかも

「人生の幸福は、後半にあり」

老いの豊かさを支えるのは、

① 生活費

② 健康

③ 生きがい

 

親にしてみれば

いつまでたっても子供は子供

自分が育てた。

子が親の面倒を見るのは当たり前。

子にしてみれば

今の生活は、私が面倒を見ている

感謝して大人しく暮らしてほしい。

 

お互いに、

やってやった

やってやっとる

 

子育てを恩に着せ、

その分返せ!と吠える親

老後の面倒を過剰な義務、不当要求

と思う子

もしくは、何もしない出来ない子達

見て見ぬふり

あさましい関係

 

老いても生活費を自分で確保出来ることが

実は心の平穏にとって重要なのかもしれません。

 

高齢者が健康で働ける環境整備、社会が

必要と思います。

 

 

 

 

Recent Posts